「派遣切られ」26歳男神社放火





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090203-00000146-mai-soci

 埼玉県警川越署は3日、住所不定、元派遣社員、鈴木定徳容疑者(26)を非現住建造物等放火容疑で逮捕した。同署によると、鈴木容疑者は「派遣切りされて住むところもなく、むしゃくしゃしていた」と供述しているという。

 容疑は、3日午前4時10分ごろ、同県川越市菅原町の菅原神社の拝殿にライターで火をつけ、拝殿約25平方メートルを全焼させ、隣接する本殿の柱や屋根を焦がしたとされる。

 同署によると、鈴木容疑者は午前6時20分ごろ、JR川越駅構内の公衆電話から川越署に「神社に火をつけた」と通報した。「昨年12月ごろ、働いていた川越市内の自動車工場から派遣切りされ、1月中旬に寮を追い出された。拝殿で寝ようとしたが、鍵がかかっていて入れず、腹が立って火をつけた」と供述しているという。

 市内のネットカフェで2日午後8時から3日午前3時まで過ごし、所持金が20円となった。放火後、10円玉で通報し、逮捕の際は5円硬貨2枚しか持っていなかった。「悪いことをしてしまったし、逃げられないと思った」と供述しているという。【飼手勇介】

【関連ニュース】
恐喝:派遣切られた2人逮捕 高校生から1万円脅し取る
建造物侵入:管理人室に無断宿泊の疑い…元派遣の男逮捕
強盗:容疑で派遣社員の男逮捕「来月切られ、生活費ほしくて」−−愛知・春日井の路上
傷害:元派遣社員ら2人、容疑で逮捕 寮で殴る、ける−−四日市南署 /三重
読む政治:揺れる日本の雇用 製造業派遣の是非、争点に

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113634131

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。