新幹線E5系のデザイン発表





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090203-00000579-san-soci

 JR東日本は3日、平成23年春から東北新幹線にデビューし、青森と首都圏を結ぶ新型新幹線「E5系」(10両編成)の車両デザインを公開した。上部が鮮やかな緑、下部が白を配して中央にピンクの細帯が入る。未来を感じさせる先進的イメージとスピード感を表現したという。

【フォト】模型にするとこんな感じ

 今年夏から耐久試験走行を実施。23年春から3編成を営業運転に投入し、最終的に計59編成を製造する予定。飛行機のファーストクラスに対抗した超豪華なスーパーグリーン車(仮称)を導入する。

 デビュー後は時速300キロから段階的に運行速度を上げていき、25年春にはフランス国鉄のTGVと並ぶ320キロで走行し、新青森と東京を約3時間5分で結ぶ計画だ。東北新幹線は22年12月に新青森駅まで延伸する予定。

 清野智社長は「当社で時速300キロを超す車両は初めて。かわいがっていただきたい」と述べた。

【関連記事】
「カリフォルニア新幹線」走り出した
北海道新幹線、札幌延伸決まったが…
「こだま」から50年、電車特急の変遷紹介
「中央リニア新幹線」着工へ調査指示 国交省
上野〜網走、特急乗り継ぎ1600キロ 特急ツアー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。