長妻議員「午前様」公務員調査





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090203-00000223-jij-pol

 各省庁に勤務する国家公務員のうち、2007年度の平均退庁時刻が午前零時以降だった9省庁35人について超過勤務終了時刻などを調べたところ、勤務終了から退庁まで平均3時間21分経過していたことが3日、分かった。各省庁が民主党の長妻昭衆院議員の資料要求に対して回答した。同議員は、霞が関のサービス残業の一端が「初めてデータで裏付けられた」としている。
 また調査対象とした35人は、平均退庁時刻が午前零時以降だっただけでなく、タクシーで同じ場所に帰宅しているのに、料金が日によって大きくばらついている職員を抽出したという。同議員は、サービス残業の一方で「帰宅途中に飲食店に立ち寄るなど、不適正なタクシー利用があった可能性」も指摘している。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕「渡り」廃止の政令策定へ=衆院予算委
財政運営、天下りで論戦へ=衆院予算委で質疑続行
「確証ない」と疑問視=天下りあっせん年内廃止で
衆院選意識し一体アピール=麻生首相の指導力、自民が演出
農水省OB、渡りで巨額報酬=5機関から1億7000万円

タグ:長妻昭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113649845

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。